本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

16 宗教
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

米国公共放送網PBSオンエア作品から生まれたユダヤ教の歴史理解促進映像ソフト

再燃する「反ユダヤ」論の行方

GLC-042 再燃する「反ユダヤ」論の行方Anti-Semitism in the 21st Century: The Resurgence - Educator’s Edition

  • 規  格: DVD(英語音声)1巻(本編57分+特典映像45分 合計102分)
  • 制  作: 米国公共放送網(PBS) 2007年
  • 本体価格: 38,000円
  • 注文番号: GLC-042

「ユダヤ嫌い」は世界の歴史に古くから存在し、これまでも社会のはしばしに見られたが、いま世界の多くの地域で「ユダヤ人排斥」が勢いを増している。
このフィルムは中東を中心に「反ユダヤ主義」の背後にある政治的、歴史的・文化的背景を探る。

ユダヤ人への反感を生む要因として、まず、「裏切り者ユダ」というキリスト教徒からの糾弾を、続いて中世にはユダヤ人がキリスト教徒の子供を殺しその血をユダヤ教の儀式に用いるという「血の中傷」伝説。
さらに近代では「ユダヤ人長老による議定書」(通称プロトコル。密かに世界征服を目論むユダヤ人長老たちの会議の記録書を装った本。実際には非ユダヤ人によるでっちあげであったことは明らかになっている)の出版など、ユダヤ人を社会の敵とみなす風潮は延々と続いた。
「ユダヤ人排斥」を政治に利用したロシア皇帝やヒトラーの野望は潰えたが、1948年のイスラエル共和国建国とアラブ諸国との闘争、その結果生まれたアラブ・イスラム系難民がヨーロッパへ拡散し、あらたな火種となっている現状まで含め、21世紀における反ユダヤの動向と現状を見る。

コメントを寄せるのは、イスラエル元副首相ナタン・シャランスキほか大勢の事情通。
米PBS NewsHourのジュディ・ウッドラフがナレーションを務める。

特典映像:専門家への個別インタビュー。合計45分収録。
  1. バーナード・ルイス B. Lewis プリンストン大名誉教授
  2. 「血の中傷」の起源: フレデリック・シュバイツァ F. Schweitzer
    『反ユダヤ主義:古代から現代までの神話と反感』著者
  3. 「強欲なユダヤ人」神話とシェイクスピア: 同上
  4. イスラム社会の反ユダヤ主義: レザ・アスラン Reza Aslan
    『変わるイスラーム』 “No god but God: The Origins, … ” 著者
  5. イスラム社会の反ユダヤ主義受容: 同上
  6. シオニズム:Z・スターンヘル Z. Sternhell ヘブライ大学名誉教授
  7. 国家としてのイスラエル: リチャード・ドレイファス R. Dreyfuss 俳優