本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

16 宗教 / 20 歴史
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

GLDRG-011 THE JESUS CODE
11月発売予定!! 予約受付中!!

2015年 米国CNN制作 “史的イエス” の実像に迫る超話題作!!

ジーザス・コード

THE JESUS CODE

  • 規  格: DVD(英語音声/日本語字幕版)全6巻(各巻45分)
  • 制  作: 米国CNN 2015年、英国Digital Rights Group 国際配給
  • 本体価格: 6巻セット 220,000円 分売各巻 40,000円
  • 注文番号: GLDRG-011

- 聖遺物から探るイエスの謎 -

 2000年以上にわたり、世界の人々の崇敬を集めてきた人物、ナザレのイエス。彼がこの世に生きていた証は存在するのか? 貴重な聖遺物を最先端の鑑識技術で分析。
 イエスの亡骸を包んだとされるトリノの聖骸布、洗礼者ヨハネのものとされる遺骨、“主の兄弟ヤコブ”の蔵骨器、イエスが磔刑に処せられたという聖十字架、『ユダの福音書』と『マグダラのマリアの福音書』。これらの聖遺物を徹底的に調査し、その真偽と価値を再評価する。
 世界の名だたる名門大学の教授やカトリック教会誌編集長、ハフィントン・ポスト宗教部門責任者など多数の専門家が出演し、史学、神学的視点から解説を加える。また聖遺物にまつわる聖書の登場人物とその激動の生涯をたどる再現ドラマにより、洗礼、裏切り、受難、復活、そして復活後の物語が新たな視点から描かれる。6つの聖遺物によって今、紀元1世紀に生きたイエスの姿がよみがえる。


第1巻 「イエスの兄弟ヤコブの蔵骨器」

The Secret Brother of Christ

 2002年に発掘された古代の蔵骨器には、“ヤコブ、ヨセフの息子、イエスの兄弟” という言葉が刻まれていた。もし本物であれば、イエスとその親族が実在していたという唯一の物的証拠となる。この発見に世界が驚愕した。
 イエスと共に育ったヤコフは十二使徒ではなかったものの、イエスの復活後、教団の中心的存在として大きな役割を果たすことになる。
 年代測定によると、蔵骨器は紀元1世紀のものと判明している。しかし中の骨は本当にヤコブのものなのか? 様々な角度からこの聖遺物の真偽を問う。

第2巻 「洗礼者ヨハネの骨」

The Bones of John the Baptist

 ヨルダン川でイエス・キリストに洗礼を授けたヨハネ。ラクダの毛衣をまとい、悔い改めを説いたこの男性は、単なる洗礼者ではなく、革命的な運動の中心人物だった。
 ヨハネが後世に与えた影響の大きさを反映し、彼の遺物は世界中に広まっている。数年前、ブルガリアの教会でヨハネのものとされる000年前の骨が発掘された。またアメリカ・カンザス州の博物館にはヨハネの指の骨とされる人骨が存在する。これらは果たして本物なのか? 真を探るため、史上初のDNA鑑定が行われる。

第3巻 「ユダの福音書」

The Gospel of Judas

 イスカリオテのユタはなぜイエスを裏切ったのか? 新約聖書と “ユダの福音書” で描かれているユダ像を比較し、聖書最大の謎に挑む。
 2世紀に執筆されたこの外典は異端とされ、長らく忘れられていた。2000年代になってようやく解読されたその内容は、新約聖書の物語を根底から覆すものだった。ユダの裏切りは神の計画の成就に欠かせないものだったというのだ。
 また、この福音書はイエスのすべての弟子への非難という形で、当時の腐敗した教会上層部を公然と批判した書でもある。

第4巻 「トリノの聖骸布」

The Shroud of Turin

 14世紀のフランスで、十字架にかけられた男性の全身像が転写された亜麻布が発見され、やがてイタリアの卜リノに移された。像の人物には鞭打ち、茨の冠、十字架を運んだ擦過傷、磔刑の釘の跡、脇腹の槍の傷跡が認められた。この布こそ、アリマタヤのヨセフがイエスの遺体を包んだ亜麻布なのだろうか?
 番組ではスペインの大聖堂に伝わる、イエスの顔を覆ったとされる布 “オビエドの聖顔布” も紹介。
 これまでの様々な調査結果を振り返り、これらの聖なる布の真偽を問い直す。

第5巻 「マグダラのマリアの福音書」

The Gospel of Mary Magdalene

 西方教会では長らく、マグダラのマリアを “罪の女” と同一視してきた。イエスに罪を赦された彼女は悔い改め、弟子に加わったとされる。
 しかし新約聖書を見直すと、この解釈の根拠はどこにもないことが分かる。新約聖書が描き出すマグダラのマリアはイエスの最も忠実な弟子の一人であり、宣教のために資金を提供し、師の受難に付き添い、磔刑と復活の両方を見届けた重要人物である。
 砂漠に眠っていた古代の福音書をひもとき、イエスとマリアの関係や、イエスの復活後、彼女の身に起こったことを探る。

第6巻 「聖十字架」

The True Cross

 キリストが磔刑に処せられた “聖十字架” を取り上げる。4世紀のコンスタンティヌス一世は、キリスト教を公認した初のローマ皇帝。その母である熱心なキリスト教徒のへレナ皇太后はエルサレムを訪れ、聖十字架を発見したと伝えられている。
 現在、聖十字架の一部とされる木片は世界各地に点在している。この番組では史上初めて聖十字架の標本を採取し、年代測定にかける。この木片はイエスが生きていた時代のものなのか? キリスト教が広まるきっかけを作った伝説を検証する。