本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

14 心理学 / 30 社会科学
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

過誤記憶:認知心理学者ロフタス「虚偽の記憶」を語る

False Memories: Skepticism, Susceptibility, and the Impact on Psychotherapy

  • 規  格: DVD(英語音声/英語字幕ON-OFF可) 1巻(23分)
  • 制  作: FMG 2013年
  • 本体価格: 29,000円
  • 注文番号: GLE-1708

記憶をもとにした目撃証言の信頼性が揺らぎ始めている。
その新潮流の源流ともいえるジョージ・トマス・フランクリン裁判の事例研究とエリザベス・ロフタスの発言を聞く。

チャプタメニュー&英語字幕表示機能&英文チャプタガイド付き

エリザベス・ロフタス:
カリフォルニア大学アーバイン校/ワシントン大学教授。
記憶と目撃証言に関する研究の第一人者。
2002年、20世紀で最も影響力のある100人の心理学研究者の58番目に選出(女性では最高位)。
2011年9月開催の日本心理学会第75回大会にて日本大学百周年記念館アリーナで招待講演。


The early 1990s saw a dramatic rise in the use—or misuse—of repressed memory as a psychoanalytic tool. While more and more therapists were encouraging their adult patients to revive supposedly long-buried recollections of childhood sexual abuse, a small minority of experts began to question that methodology—chief among them a cognitive psychologist named Elizabeth Loftus. This film shows how Dr. Loftus challenged the trend of memory “recovery” even as she expanded and enriched the study of human memory in contemporary psychology. Interviews with Loftus are combined with fascinating accounts of her role as an expert witness in the trial of George Thomas Franklin as well as her groundbreaking studies in imagination inflation, the uncertainty of eyewitness testimony, and the positive use of invented memory in palliative and nutritional medicine. Original production title: False Memory or Elizabeth Loftus on False Memory. (23 minutes)





ご注文について
本DVDは、学校・会社・図書館等で問題なく利用できる著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。
このため、ご利用者(ご購入者)、ならびにご利用場所について、ご注文時に確認させて頂きます。
ご注文は、お客様(ご選定の先生または事務ご担当者様)から、直接、弊社にメール・電話・FAXでご連絡をお願いたします。

  メール: info@gaigo.co.jp  TEL: 03-5646-5324  FAX: 03-5646-5325 ⇒ FAX注文票はこちら