本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

14 心理学 / 46 生物科学・一般生物学
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

ホルモン作用の不思議

BODY CHEMISTRY

  • 規  格: DVD(日本語版) 全3巻(各巻50分)
  • 制  作: BBC 2000年
  • 本体価格: 3巻セット 60,000円 分売各巻 20,000円
  • 注文番号: MP-0002

男女の性を生み出し、思春期、更年期、妊娠時等さまざまな場面での人間の心と体に影響を与えるホルモンの不思議について探る。

ホルモン作用の不思議 1

HORMONE HELL

 人間のホルモン・システムは石器時代からほとんど変化していない一方で、人間社会の生活様式は急速に様変わりした。このため本来人間の身を守るはずのホルモンが、現代人にとっては、かえって地獄のような悲しみを与えるものとなってしまった。現代人のストレスとホルモンの関係についてリポートする。
 人間のホルモン・システムは、実は石器時代以来、進化していない。ところが、社会が急激に高度化してしまったため、人間は体と社会のギャップの中で様々なストレスを強いられている。例えば、昼夜逆転の勤務や時差ボケは、ホルモンのリズムを大きく乱し、女性の生理不順など様々な変調を体にもたらしたり、疲労や集中力の低下による事故の原因になったりする。
 また、人間は、人生のどの段階においてもホルモンに支配されており、胎児期、思春期、更年期などあらゆる場面 で、現代社会に適応できないホルモンが害を及ぼしている。思春期が早まった反面 、精神的には未熟で性的欲求にうまく対処できなくなっている。女性は寿命が延びた分、月経前緊張や生理痛も増えてしまった。原始社会で闘いや狩りの原動力となったテストステロンも、現代ではスポーツの試合くらいでしか発散できない。ホルモンの人体における働きと、現代社会でホルモンが人間に与える様々な苦しみを紹介する。

ホルモン作用の不思議 2

HORMONE HEAVEN

 若返り、延命、性転換など、ホルモンによってストレスなどをコントロールする研究の最新事情をリポートする。また、女性の更年期障害を治療するエストロゲン療法、骨粗しょう症の治療薬の開発や人間の抑うつ状態の原因となるホルモンの解明など、研究の最新事情もあわせて紹介する。
 科学の目覚しい進歩により、人間はホルモン剤を次々に開発し、ホルモン作用を操作することに成功しつつある。老人に多量 のホルモン剤を投与して若返らせたり、男性ホルモンの投与による性同一障害の女性の男性への性転換。女性ホルモンによる更年期障害治療、乳がんの危険を現象させた特殊なホルモンによる新薬…。ホルモン剤の可能性は限りないように思えるが、まだ長期的な身体への影響は明らかでなく、疑問点も伴う。
 また、ホルモン剤に頼らず、カロリー制限やエクササイズによってホルモンを調節しようという試みもある。ホルモン操作によって、本当に人間は天国を手に入れられるのか? ホルモンを操作することは良いことなのか? ホルモンをめぐる様々な問題に迫る。

ホルモン作用の不思議 3

HORMONALLY YOURS

 人間に性別を与え、異性への関心や様々な感情の源となる「性ホルモン」の働きについて身体化学の最前線から報告する。人は異性に関心を持ったり、触れたいと感じたりする。これはテストステロン、エストロゲンといった性ホルモンの仕業で、胎児の性別 を決定する鍵であり、性ホルモンのバランスによっては性同一障害が生まれることもある。
 また、恋に落ちたときにはドーパミンという性ホルモンが分泌されるが、これはコカインを服用したときに大量分泌されるホルモンである。これらのホルモンは思春期の頃に急激に分泌量が増え、心身ともに子供から大人へと変化させ、男女の行動パターンにも影響を与える。
 男女の違いは、生まれる前に胎児の状態で決定されるが、その時のホルモンの分泌に異常が起こると、アンドロゲン不能症、先天性副腎過形成症といった病気につながる。対立する性はなぜ惹かれあうのか?恋するとき体の中で何が起きているのか?恋とホルモンの関係を科学的に分析し、いくつかの事例を挙げながら解説する。


ご注文について
本DVDは、学校・会社・図書館等で問題なく利用できる著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。
このため、ご利用者(ご購入者)、ならびにご利用場所について、ご注文時に確認させて頂きます。
ご注文は、お客様(ご選定の先生または事務ご担当者様)から、直接、弊社にメール・電話・FAXでご連絡をお願いたします。

  メール: info@gaigo.co.jp  TEL: 03-5646-5324  FAX: 03-5646-5325 ⇒ FAX注文票はこちら