本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

16 宗教
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

MO-1307 キリスト教 危機と復活の歴史世界最大の宗教の起源と多様な変革の足跡をたどる

キリスト教 危機と復活の歴史

A HISTORY OF CHRISTIANITY

  • 規  格: DVD(英語音声/日本語字幕版) 全6巻(各巻60分)
  • 制  作: BBC / The Open University 2012年
          日本語字幕版制作・発行 丸善出版株式会社 2013年
  • 本体価格: 6巻セット 210,000円 分売各巻 35,000円
  • 注文番号: MP-1307

元々は小さなユダヤ教の一派であったキリスト教はどうやって世界最大の宗教に発達したのだろうか?
忘れ去られたキリスト教の起源とアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカへの広がりの鍵を探る。

●日本語字幕版監修: 小原克博(同志社大学 神学部教授/一神教学際研究センター長)
●原作・プレゼンター: ディアメイド・マッカロック(オックスフォード大学キリスト教史学教授)

--------------------------------------------------------------------------------

■ ディアメイド・マッカロック (Diarmaid MacCulloch)

オックスフォード大学キリスト教史学教授。著書である『Christianity: The First Three Thousand Years』 はNew York Timesのブックレビューに掲載されるなど評価が高い。

日本語字幕版監修のことば

 本シリーズは、キリスト教の歴史とそれに伴う地理的な拡大を理解できるように構成されているが、その最大の特徴、そして、おもしろさは邦題にも示されているように「危機と復活」という視点にある。
 今あるキリスト教の多様な姿は、単に教義的な違いから生じたものではない。歴史的な偶然が予期せぬ流れを生み出し、存亡の危機が、新しい環境での適応と刷新をもたらした。
 各巻は、キリスト教の粘り強い生命力を描写しており、時に「目から鱗が落ちる」(この表現は新約聖書に由来している)シーンに出会うことになる。この宗教の現状と行く末を考える上でも、多くの示唆を与えてくれるはずである。

日本語字幕版監修 小 原 克 博(同志社大学 神学部教授/一神教学際研究センター長)

第1巻 キリスト教の起源

The First Christianity

キリスト教を初めて国教化したのは東方のエデッサという小さな王国だったという事実などを中心に、忘れ去られた初期キリスト教の物語を紹介。西方ではなく東方にあったキリスト教信仰の起源に迫る。

第2巻 カトリック信仰:ローマの予期せざる台頭

CATHOLICISM: the Unpredictable Rise of Rome

攻撃の対象としていたキリスト教を国教としたローマ。これをきっかけにローマとキリスト教の関係は大きく変化していく。ユダヤ教の小さな一派だったキリスト教はどうやって確固たる地位を築いたのか?

第3巻 正教会の歴史:帝国から帝国へ

ORTHODOXY: from Empire to Empire

コンスタンティノープル大主教の破門やイスラム教徒の侵略など、様々な試練を受けながらも果敢に闘い生き残ってきた正教会。ローマ帝国からビザンツ帝国、そしてロシアへと展開していった波乱の歴史を辿る。

第4巻 宗教改革:神の前に立つ個人

REFORMATION: The Individual Before God

信仰の拠り所を教会ではなく聖書に求め、神の権威を神の元へ返すことを目的とした宗教改革。改革によって誕生したプロテスタント教会が、ヨーロッパで様々に分派し拡大した経緯を解説する。

第5巻 プロテスタント:福音主義の台頭

PROTESTANTISM: The Evangelical Explosion

福音主義キリスト教はアメリカ、アフリカ、そして韓国へとその土地に順応する形で拡大を続けていった。ヨーロッパを追われたプロテスタント教会が、世界中に拡大していった原動力とは何であったのか?

第6巻 被告席に立つ神

God in the Dock

リスボン大地震、ナチスによるユダヤ人虐殺・・・そのとき神はどこにいたのか? 20世紀後半、ヨーロッパでは、多くの人が教会を離れ、宗教的無関心が蔓延してきた。この荒波の中、21世紀のキリスト教はどこへ向かうのか?