本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

20 歴史 / 31 政治・法律 / 32 経済
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

BBC 中国 -超大国の光と影

BBC 中国 -超大国の光と影-

CHINA -Triumph & Turmoil-

  • 規  格: DVD(英語音声/日本語字幕・英語字幕版)全3巻(50分)
  • 制  作: BBC 2012年
          A Chimerica Media production for Channel 4
          日本語字幕版制作: 丸善出版株式会社 2013年
  • 本体価格: 3巻セット120,000円、分売各巻40,000円
  • 注文番号: MP-1404

20世紀がアメリカの世紀だとすれば、21世紀は中国の世紀なのか?
歴史家ニーアル・ファーガソンによれば、中国が超大国となり、今後の世界の命運を握ることに疑いはないという。アメリカがイギリスから多くを継承したように。中国はこれまでの大国の手法を受け継ぎつつも、独自の統治と経済戦略を展開している。それは中国の勝利なのか、あるいは世界に混乱をもたらすにすぎないのか?
BBC「マネーの進化史」や「文明の進化史」のファーガソンが、マクロの視点と歴史の証人たちへの個別取材とを組み合わせ、刺激的に問いかける。

監修のことば 橋本順光(大阪大学文学部比較文学専攻)

 “チャイメリカ(Chimerica)”という言葉がある。チャイナとアメリカをつなげた造語で、アメリカの国債を中国が買い、中国の安価な製品をアメリカが買うという、米中の相互依存を表している。異なる生物が混じりあったキメラ(chimera)をもじっていることからわかるように、チャイメリカは不自然でそれだけにやっかいな存在でもある。
 このチャイメリカ症候群を最初に指摘し、『マネーの進化史』によって世に広めたのが、本作のプレゼンター、ニーアル・ファーガソンである。このことからもわかるように、ファーガソンは、21世紀は超大国・中国が経済でも政治でも覇権を握ることを確信している。と同時に、これまでのイギリスやアメリカの世紀とは違った、ひょっとしてキメラのような別世界が生まれて、衝突や騒乱が起こり得ることを危惧してもいる。
 好むと好まざるに関わらず、中国はもはや他人事でも専門家だけの研究対象でもなくなった。中国自身を知るというだけでなく、中国が世界とどのように関係し、それはどのように見られているのか? チャイメリカという危うい均衡を警告したファーガソンならではの本作は、その格好の道標になるだろう。

1. 中国の皇帝たち

Emperors

中国の統治形態を知る際に秦の始皇帝の事績は無視することができない。このことは毛沢東も再評価したとおりだ。ファーガソンによれば、始皇帝が行った中央集権そして焚書坑儒は、いまなお形を変えて中国に息づいているという。世界最大の政党である中国共産党は全人類の五分の一を支配している。その統治の秘密を探るべく、儒教というコンフォーミズムの伝統を大学や小学校などの取材で解説し、一方で小さな農村地方にも訪れる。監視が行き届いた環境での農村の人々へのインタビューから、中国の上意下達のシステムが党組織の末端にまで行き渡っていることが描き出される。かくも長き帝王学の伝統が20世紀の毛沢東まで継承されていることを第2巻でみる。

2. 毛沢東崇拝

Maostalgia

毛沢東は大躍進政策に文化人革命と、中国に多くの混乱と死者をもたらしたにもかかわらず、現在、崇拝ともいうべき高い人気を誇っている。彼の墓は、ひょっとして毛沢東のために親戚を殺されたのかもしれない人々の参拝者であふれ、街には文革レストランまで登場している。文化人革命後の騒乱と、その後の事態を収束し、現在の中国へと舵を切った鄧小平の政策が、今日の資本主義の基礎を築いた証人たちの生々しい話を交えて解説される。一方で、その副産物として生まれたナショナリズムが、皮肉にも毛沢東信仰を生み出したことが示唆される。原題"Maostalgia"は、ノスタルジアと毛沢東(Mao Zedong)とをつなげたファーガソンによる造語。

3. 勃興する中国

Superpower

経済と実績をみるだけでも中国がもはや超大国となったことに疑いはない。そして過去の超大国の多くの例にならって、中国もまたその支配力を世界中に及ぼしている。それは大英帝国が世界中に商人と官吏を送り込んだ歴史とよく似ている。比較対照するようにして、原料を安定して供給するためという名目のもと、世界各地で働く中国の多様な人々とその現在が取材される。その一つにアフリカのザンビアがある。かつてイギリスが支配していた鉱山と街には、いまは勤勉な中国の商人が移り住んでいる。中国の新たな帝国は、過去の帝国と同じくいずれ自滅していくのだろうか? あるいはまったく異なる新時代を築くことになるのだろうか? 中国の世界戦略を事例で学ぶ。

プレゼンター: ニーアル・ファーガソン Niall Ferguson

1964年グラスゴー生まれ。2004年からハーバード大学教授となる。専門は経済・金融史で、帝国研究でも知られる。著書、DVD「Ascent of Money」「Civilization」は日本でも翻訳された。2004年米タイム誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

●このDVDは、日本語字幕、英語字幕、英語音声を選択することができます。

-----------------------------------------------------------

【関連商品】

マネーの進化史

Ascent of Money

  • 日本語字幕版監修:上川孝夫(横浜国立大学経済学部)
  • DVD全6巻 日本語字幕版 各巻50分 本体価格: セット180,000円 各巻30,000円
(1)一擢千金の夢 - マネーと銀行 - Dreams of Avarice
(2)人間と債権の絆 - 権力の誘惑 - Human Bondage
(3)バブルと戯れて - 株式の熱狂と崩壊 - Blowing Bubbles
(4)リスキー・ビジネス - 保険とヘッジ - Risky Business
(5)家のごとく安全? - 揺れる不動産神話 - Safe as Houses
(6)チャイメリカ - 金融グローバル化の世界 - Chimerica

-----------------------------------------------------------

文明の進化史

Civilization - Is the West History?

  • 日本語字幕版監修: 橋本順光(大阪大学文学部比較文学専攻)
  • DVD全6巻 日本語字幕版 各巻50分 本体価格: セット180,000円 各巻30,000円
(1)競争 - 中国との対比 - Competition
(2)科学 - オスマン帝国との対比 - Science
(3)私有財産 - 南北アメリカの対比 - Property
(4)医学 - アフリカの場合 - Medicine
(5)消費社会 - イスラム圏の抵抗? - Consumerism
(6)勤勉 - プロテスタンティズムの拡大 - Work