本文へスキップ

 「語学」は、耳から!!

TEL. 03-5646-5324

info@gaigo.co.jp

30 社会科学 / 37 教育
(掲載のDVDタイトルは、学校・会社・図書館等向けの著作権許諾承認済商品です。個人のお客様には販売できません。)

マララ 教育を求めて闘う少女

マララ - 教育を求めて闘う少女 -

MALALA - Shot for Going to School

  • 規  格: DVD(英語音声/日本語字幕・英語字幕版)全1巻(30分)
  • 制  作: BBC 2013年
          日本語字幕版制作: 丸善出版株式会社 2014年
  • 本体価格: 40,000円
  • 注文番号: MP-1412

■ 日本語字幕版監修: 北村友人(東京大学大学院教育学研究科)
■ プレゼンター: ミシャル・フセイン Mishal Husain

2012年10月、パキスタンの少女マララ・ユスフザイはタリバンに銃撃された。
イスラム社会における女子教育の必要性を訴えて活動していた彼女は、タリバンの標的となっていたのだ。
治療のためパキスタンから英国に緊急搬送され、奇跡的に回復。現在は英国に住み、女子教育のため活動を続けている。
マララは危険な目に遭いながらも、なぜ世界に訴え続けるのだろうか?
教育を受ける権利とは?
マララ自身の言葉で語るインタビューや、今までの活動の映像から、彼女の信念と素顔を見る。
そして教育を受ける価値について、改めて問う。

監修のことば: 北村 友人(東京大学大学院教育学研究科)

 ひとりの少女のことばが、行動が、世界を変える。そんな夢みたいなことが起きるかもしれない。
 しかし、その「夢」を実現するためには、数多くの困難が立ちはだかっている。
 マララが挑戦していることは、彼女だけの問題ではない。世界中に暮らす私たち一人ひとりの問題である。教育を受ける権利をすべての人が享受できる社会を実現するために、まずは彼女の言葉に耳を傾けるところから始めようではないか。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

【関連商品】

BBC シリーズ 世界の諸問題と子どもたち

印刷用PDFファイルはこちらから(1916KB/別ウィンドウで開きます)

日本語字幕版監修:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 勝間 靖 教授

●映像中、一部に過激な映像が使用されていますが、オリジナリティーを尊重し、そのまま収録されております。教育用上映の際は各自ご配慮ください。


世界では紛争や難民問題、貧困、教育格差、イスラム過激派によるテロなど、数多くの問題が起こっている。
そのような地域の子どもたちへの被害や影響は大きいといわれている。
世界の子どもたちはどのような生活を送っているのか?
子どもたちの明るい未来を実現できるような環境は整えられようとしているのか?
世界の様々な国の子どもたちを取り上げたBBCの3番組のオムニバスシリーズから学ぶ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

学校に通いたい

~ マララ銃撃事件後のパキスタン ~

SHOT FOR GOING SCHOOL

学校に通いたい
  • 規  格: DVD(バイリンガル版[日本語音声/英語音声])全1巻(50分)
  • 制  作: BBC 2013年 / バイリンガル版 2014年
  • 本体価格: 40,000円
  • 注文番号: MP-1412-1

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

アルジェリア 人質テロ事件(英語版)

SIEGE IN THE SAHARA

  • 規  格: DVD(英語音声)全1巻(50分)
  • 制  作: BBC 2013年
  • 本体価格: 30,000円
  • 注文番号: MP-1412-2

2013年1月16日、アルジェリア・イナメナスの化学プラントで起こったテ口事件。世界のメディアを震憾させたこの事件では、日本人を含む37名が犠牲となった。この番組は、事件の生存者の証言、犠牲者の家族の証言、アルジェリア軍と実行犯の電話音声記録を交えながら、3日聞をドラマで再現した。
英国、アメリ力、日本などから多くの外国人従業員が働いていたこの化学プラントは、イスラム過激派のテロリストにとって欧米の帝国主義の象徴として映り、狙われていた。それにもかかわらずこのプラントの警備は甘くテロリストが簡単に侵入できる状態で、外国人従業員は次々に人質となり、攻撃された。
テ口多発地域の安全対策はどこまで可能なのか? 現地政府、従業員の出身国政府には何ができるのだろうか?  ドラマで追いながら検証する。